自費出版の大まかな流れを説明します

普通の人が本を出版する方法としては文学賞などに入賞するのがよく知られた方法です。本来ならそのほかに出版社に原稿を持ち込むなどという強者もいますが、やはり強者に限られますのでごく平凡な人はそのような方法はとれません。しかし、文学賞に入賞するのは簡単ではありません。そこで自費出版という方法が注目を集めています。自費出版にもいくつかの種類があるのですが、最も平均的な方法である協力出版で大まかな流れを紹介します。まずは予算を自分で決めます。これはとても大切なことで自費出版を無謀な行動にするか意味あるものにするかの分かれ目といえます。予算を決めたあとに信頼できる業者を見つけ、見積もりを出してもらいます。
見積もりが納得できるものなら書面できちんと契約をすることが大切です。

納得できるまで話し合うことが大切です。

出版については素人の人が出版するのですから業者の人と打ち合わせをするときは「知ったかぶり」はやってはいけないことです。自分では知識を持っていると自負できる内容でも同じです。素人は所詮は素人という認識を持って業者と臨むことが失敗しない一番の方法です。例えば、原稿を出したあとのスケジュールなどもきちんと説明を受けることは重要です。悪徳業者などは原稿を受け取ったあとに段取りを進めないこともあります。悪徳業者を見抜くためにも全体のスケジュールに注意を払うことは大切です。また業務の内容についてもしっかりと説明を受けることは大切です。具体的には「リライターがつくかどうか」とか「表紙の誰が担当するのか」など本ができるまでに決めなければいけないことは山ほどあります。こうしたことを大雑把にしか説明しない業者は要注意です。

自費出版は校正作業は自分でやるのが基本です。

校正という言葉を知っている人は多いはずです。しかし、出版に関しての校正といいますとなんとkなく敷居が高く高尚なイメージがします。出版界においてこの感覚は半分は正解で半分は不正解です。出版業者にもいろいろな業者がいます。特に自費出版の業界とその傾向が強く玉石混交なのが実際のところです。ですから校正についてもしっかりと訓練を受けた人が校正する業者もありますし、反対に素人に毛が生えた程度のレベルの人が校正する業者もあります。校正は本になる前の最終段階です。ここでチェックをしっかりと行うことが本の良しあしを決めると言っても過言ではありません。その校正を自分で行うのが自費出版の基本的なやり方です。ときには業者が行ってくれることもありますが、執筆者とさほど違いがないレベルです。つまり、校正をするだけの実力を身に着けておくことがとても大切ということになります。