自費出版のメリットとデメリット

出版業界に無関係の人が本を出版するのはほぼ不可能に近いというのが実状です。出版の権限を持っているのは編集者ですが、編集者は最終的には出版によって利益がでるかどうかで判断する人たちです。しかし、編集者に気にすることなく出版することもできます。それが自費出版です。自費出版はお金さえ用意できるならだれでも出版することでできるシステムです。ですから、誰にも気兼ねすることなく自分の好きなように本を作ることができます。しかし、問題点がないわけではありません。いわゆるデメリットというわけですが、先に説明しましたようにある程度まとまったお金を準備する必要があります。しかも準備したお金がもしかしたなら無駄になる可能性もあります。それがデメリットです。しかし、誰に気兼ねする必要もなく出版できるというメリットは捨てがたい魅力です。

自費出版をする際に注意しなければいけないこと

以前ある漫画家が編集者と方針が合わないということで週刊誌の連載をやめ、自分でネットで販売する方法を始めました。漫画家はアーティストと似ていますが、編集者と相性が合わなければ漫画家として活躍することはできません。この漫画家が編集者に反発したのは相性が合わなかったからですが、このような対応ができるのはある程度実績がある人だけです。実績がない漫画家が中々ヒット作を作れないのは売れるためのコツを見つけていないからです。口でいうのは簡単ですが、このコツは中々身に着けられるものではありません。特に新人にはその傾向があります。そのようなときに役に立つのは編集者です。編集者は売るためのコツを知っている人がなれるものです。自費出版の問題点はここにあります。漫画に限らず作家であっても自分の作品を客観的に見て意見を言ってくれるひとが必要です。自費出版にはそのような人がいないのが難しいところです。

自費出版の広告には気を付けるのが必要です。

新聞などの広告に自費出版を勧めるものがあります。「作品を送ってください」などと書いてあるのが一般的ですが、作品を送ってもらいそれに感想を添えて自費出版を勧めるのが最も多いパターンです。このような自費出版の広告は普通の出版のシステムとは全く違うものです。普通の出版の形は出版社が本を売りその売上げで作家に印税を支払い経費を引いた残りが出版社の利益です。しかし、自費出版は出版を希望する人から出版代金として金銭を受け取るのですが、その金銭が出版社の利益の源泉になるようなシステムです。このシステムの一番の問題点は出版希望者を食い物にしている点です。本を出すという一般の人が喜びそうなことで言葉巧みにお金を巻き上げているからです。しかし、中には本を出す人の身になって自費出版を勧める出版社もあります。見極めることが大切です。