自費出版にチャレンジしてみましょう

書くことが好きな人ならば、一度は自分の作品を本にしたいと考えることでしょう。しかし、大手出版社から本を出してもらうということは、たいへんな困難を伴います。数々の作品を目にしてきた、プロの編集者のチェックを経なくてなりませんし、確実に売れるという保証がなければ、出版などしてもらえません。そもそも、編集者に目にしてもらうという機会さえ、なかなか訪れるものではないのです。コンテストに応募しようにも、参加作品は何千何万とあり、中には本職の小説家が書いたものや、ほぼ出版が決まっている作品さえ混ざっています。あまりにも狭き門といえるのです。自費出版ならば、そのような煩わしい前段階を、すべて飛ばして出版することができます。このため、インターネットを通じた自費出版が高い人気を博しているのです。

自費出版を扱っている出版社を利用しよう

インターネットを介した自費出版には、いくつかの方法があります。ひとつは、自費出版を専門に扱っている出版社を利用することです。普通の出版社ならば、あまりにも斬新な内容の原稿などは、商売にならないからと退けられるのが常です。しかし、自費出版専門の会社ならば、出版を前提に話を進めていけるので、本を出す近道になります。同時に、出版前に、きちんと人の目が入りますので、重大なミスを無くすことができます。また、独自の販促ルートを持っている出版社もあり、店頭に並ぶことも、大きなメリットのひとつです。デメリットは、比較的高額な料金がかかってしまうことです。印刷代や手数料を含めた、すべての費用を負担することになりますので、利益を出すことよりも、本が出せるということを目的とするべきでしょう。

Kindleなどの電子出版を利用しよう

では、できるだけ費用を少なくして、しかも一般の流通に乗せるという方法はあるのでしょうか。その目的を果たす、もっとも近い方法としては、電子書籍のかたちで自費出版することが考えられます。これならば印刷代もかからず、手数料も、多くのサイトでは、売れた代金の中から払うことになりますから、比較的経済的な方法となります。AmazonKindleなどの大手サイトでは、利用者も多いので、人の目に触れる機会も多いことでしょう。値段も安く売れることも、メリットのひとつです。デメリットとしては、やはり、まだまだ紙の本に比べれば手に取る人が少ないことと、当然ながら電子データなので、自分の手元に、本というかたちが残らないことです。自分に合った自費出版を選んで、あなたの一冊を作りましょう。