自費出版での失敗例と成功例をご紹介

自費出版とは自分で費用を賄って本を出すことです。普通の出版とはと出版社の編集者に認められて本を出版するのが一般的です。しかし、それは簡単ではありません。ですから自費出版という方法があります。「自費」とい名前からわかりますように、要は出版に関する費用を自分で賄うやりかたが自費出版です。もちろん、お金が絡みますのでリスクが伴います。ギャンブルとまではいいませんが、脱サラで始める商売には似ています。つまり失敗することもあるということです。失敗例はまさしく脱サラでラーメン店を開業するのと同じで自費出版に費やしたお金がすべてパーになることです。少ない場合でも50万円くらいは損失が出る可能性もあります。反対に成功例は本が売れることです。本が売れるということは印税が入ってくることですので不労所得を得ることができます。しかもベストセラーになりますとかなりの収入になります。

自費出版が多くの人に注目されている理由

普通の人が本を出版するのは容易なことではありません。本を出版したいと思っている人はたくさんいるはずです。理由はいろいろありますが、その大きなもののひとつが名誉です。やはり本を出版するというのは社会的に成功したことの証になりますので憧れます。そして、あとひとつは収入的な面です。普通の人が収入を得ようとするなら働く以外に方法はありません。しかし、作家になりますと嫌な上司に叱られることもありませんし、ノルマなどを押し付けられることもありません。ですから、作家を目指す人はいつの時代もいます。収入面から言いますと、印税生活は夢の生活です。なにしろなにもしないで家にいるにも関わらずお金が入ってくるのですから印税生活を夢見るのも当然です。そのきっかけになる可能性があるのが自費出版です。

自費出版と普通の出版の一番の違い

いくら作品を書いたとしても本にならなければ意味がありません。ただの日記やコラムと同じです。出版とは世の中に本という形で出すものです。しかし、普通の人が本を出すには編集者に認められる必要がありますが、これは簡単ではありません。それに対して自費出版は誰からも制約をうけないのがメリットです。自分がお金を出すのですから誰からも文句を言われる筋合いではありません。この違いが自費出版と普通の出版の一番の違いです。ですが、実はこれが出版として成功するかどうかの岐路でもあります。なぜなら編集者の目利きを通過することがベストセラーになる大事な要因でもあるからです。しかし、編集者という人に自分の作品を見てもらうことさえほんのわずかな確率なのが実際のところです。運よく編集者に見てもらえても出版にこぎつけるのはほんのわずかな確率です。つまり本を出版するのは並大抵のことではないこと示しています。