人気沸騰中の自費出版の実態とは

今の時代は自分で情報を発信できる時代です。インターネットの普及で可能になったわけですが、だからといって紙媒体がなくなったわけではありません。どんなにネットで流行ろうがまだまだ紙媒体を利用する人は少なからずいます。そのような状況ですので自費出版が注目を集めています。たぶん本に興味を持っている人は若い頃に一度は作家になることを夢見たことがあるはずです。しかし、本を出版するのは並大抵のことではありません。ハードルが高いのです。理由は簡単で出版社にしてみますと投資と同じだからです。投資ですからリターンを出すことが求められます。わかりやすく言うなら利益を出すことです。売れる確率が高いものだけを出版するのが出版社のやり方です。ですから、自費出版が注目されています。

自費出版にはいくつかのパターンがあります。

本を出版するのは簡単でありませんから自費出版という方法が注目されました。自費出版は出版社に縛られることなく本を出版できるシステムです。なぜなら出版に要する費用をすべて執筆者が用意をするからです。普通の出版の形ですと出版社は数百万円の投資をすることになります。しかし、自費出版の場合は出版社がお金を用意する必要がありませんからリスクを負うことがありません。出版社にとって最も理想的な出版の形です。このように自費出版は執筆者と出版社の双方に都合がよいシステムですが、自費出版にもいろいろなパターンがあります。具体的には純粋に自費出版である個人出版、出版社がある程度リスクを引き受ける形の協力出版です。因みに、公募という形をとり優れたものだけを出版する形の企画出版というやり方もあります。

注意が必要な自費出版のケースもあります。

作家を目指している人にとって本を出版するのはまさに夢です。そうであるからこそそうした純粋な気持ちを悪用する業者もいます。ではどのようなケースかと言いますと、出版の費用を執筆者が負担する形であるのをいいことに実際よりも多額の負担を請求するケースです。例えば、本来は100万円の費用で済む場合でも200万円を請求し、出版社が100万円という暴利を得るやり方です。それでもまだ書店に本が並ぶなら我慢もできますが、作られた本を執筆者にすべて送ってくるとケースまであります。ここまできますと本当に悪徳業者です。自費出版をするときはその出版社についてしっかりと調べ、そして契約内容も隅々まで確認することが大切です。自費出版は本を出版することを希望している人たちには有益なシステムですが、優良企業を見極める目利き力を持つことが必要です。

出版費用は、本の判型、ページ数、発行部数、カラー頁の有無などで異なります。詳細な見積をお出しします。 編集・校正が完了したら印刷工程に入り、写真集、ビジュアル本の作成を致します。プロによる編集なので安心。 当社の強みは低コストでの自費出版を可能にしている点であり、お客様の要望にあわせてサポートを行っています。 私家版、書店流通本併せて月間3点~6点の出版物を着実に制作・発行しています。 自費出版を支援する大阪の出版社は「風詠社」